住宅全塗装の流れ

失敗しない塗装工事のために

失敗しない塗装工事のために

見積業者選択

まずは、見積を依頼するための業者選択から始まります。
塗装工事を請け負う業者には、いろいろな形態があります。例えば、大手リフォーム会社、工務店、塗装専門業者などです。
それぞれ特色があり、施工能力、価格も様々です。大切なのは信頼できる業者、アフターサービスのしっかりした業者を見極める事でしょう。

  • ・大手リフォーム会社
    建設メーカーで新築した場合、塗り替えをそのメーカーに頼むと、たいていそのメーカーのリフォーム部門の会社が請け負います。当然、新築した業者とは違う下請けの業者が来ます。ただし下請けに「丸投げ」するのではなく工事管理、アフターサービス等は徹底しています。ただし、価格が高いのが弱点です。
  • ・リフォーム専門店・工務店
    規模の大小はありますが、一番多い形態で、様々な業者が乱立しています。
    ほとんどは下請け業者を使いますが、値段、工事管理、アフターサービス等、業者によって大きな差が表れるのがこの形態です。
  • ・ホームセンター系
    最近多いのがこの形態です。ホームセンターという身近な存在が人気の要因ですが、まだ塗装業界に参入の経験が浅く課題があります、価格は安いと思われがちですが、決してそうではありません。
  • ・塗装専門店
    直接お客様から仕事を請ける業者は少なく、大抵はリフォーム会社や工務店の下請けをしています。会社にもよりますが価格の安さ、専門知識、提案力の高さは専門店ならでわです。
  • ・訪問販売業者系
    営業マンが直接家に訪問して工事を受注する営業形態の会社です。
    一時、外壁塗装や屋根リフォームで圧倒的な強さを誇りましたが、しつこい営業や強引な契約をする業者も多く社会問題にもなりました。現在は大手が倒産したこともあり勢いが衰えています。
  • 以上のように、一般的には下請けを使う大手ほど値段は高く、1~2人でやっている事業者ほど値段が安いのが大半です。
    ただし、下請けを使うことが悪いわけではありません。大手業者や工務店が管理することにより、よくありがちである職人の独りよがり的な仕事の終わらせ方でなく、検査の目が多くなるなど、より高い品質の工事が出来ると言えます。
    悪質なのは、工事を「丸投げ」することです。こういった業者ほど、中間マージン的なものばかり高く、下請けには厳しい値段で工事をさせます。
  • 大切なのは、価格のみに左右されずに業者、営業員を見極めることです。

見積依頼

見積依頼

見積依頼は複数の業者からとるのがよいでしょう。
最近よく用いられる方法に最初の業者に見積もりを出してもらった後にその見積書の値段の部分だけを隠し他の業者に値段を入れてもらう方法があります。(もちろん使用塗料、塗装仕様もいっしょにしてもらいます)
ただし、このやり方は単純に値段だけを比較するものであり、工事品質、アフターサービス等を比較できません。また、このやり方ですと最初の業者が選んだ塗料や仕様に従わなければなりません。各会社によって推奨する塗料や提案力も違います。
価格は重要な要素ですが、塗装工事では、工事品質、アフターサービスを第一に考えたいものです。
見積書と一緒に塗装仕様書も忘れずに出してもらいましょう。

業者決定

業者決定
施工業者が決定したら、工事着工前に次のことを打ち合わせます。
工事着工日、作業時間、雨天の場合の連絡
塗装仕様 (外壁、屋根の色、つや、工程)
ご近所対策(事前挨拶、工事車両の駐車場所)

工事着工

以下は当社の基本的な工事の流れです。

1.足場の架設
40坪くらいの住宅の場合、1日程度で作業は終了します。
足場組み立ての後、飛散防止ネットを張ります。
2.高圧洗浄
通常150~200kgで主に外壁とコロニアル屋根の苔、藻、ほこり等を除去するために行います。
苔、藻の付着状況により、作業時間はかなり変わります。
3.養生
窓やサッシュなど塗装しない部分に塗料が付着しないように、テープやポリシートなどを覆う作業です。
4.外壁塗装
既存タイルコート仕上げ上塗-シリコンテックス(関西ペイント)の場合です。
・下地処理
高圧洗浄の後、塗膜の浮き、溺弱塗膜等がある場合はケレン工具等で除去する。
ひび割れは大きさの程度に応じてアクリル系コーキング剤や変性シリコン系コーキング剤を用いる。
・塗装
下塗-アレスホルダーZ(関西ペイント)(微弾性下地調整材)
上塗1-アレスシリコンテックス(関西ペイント)(多機能アクリルシリコン樹脂系単層弾性仕上剤)
上塗2-同上
上記のように3回塗りとなります。
5.屋根塗装
既存コロニアル瓦屋根 上塗-ヤネMシリコン(関西ペイント)の場合のです。
・下地処理
高圧洗浄の後、上下の瓦が密着している場合、縁切作業の後、タスペーサー挿入(よくある質問Q5 参照
・塗装
下塗-Mシリコンプライマー(関西ペイント)
上塗1-ヤネMシリコン(関西ペイント)(弱溶剤系アクリルシリコン樹脂塗料)
6.木部塗装・鉄部塗装
上塗セラMレタン(関西ペイント)の場合です。
・下地処理
劣化塗膜はケレン工具等で除去する。発錆はサンダーやサンドペーパーを用い除去し被塗装面を清掃する。下地良好部は#180程度のサンドペーパーにて均し研磨する。
・塗装
下塗(鉄部発錆の場合)-エポキシ系錆止塗料
上塗1-セラMレタン(関西ペイント)(低汚染系セラミック変性ターペン可溶ウレタン樹脂塗料)
上塗2-同上
  • 7.養生剥ぎ メッシュシート撤去
  • 8.最終確認 検査
  • 9.足場解体 清掃

完成  検査  引渡し

最終検査、確認の後足場解体。引渡しとなります。
不具合や塗り残しなどある場合は、遠慮せずに指摘をして直してもらいましょう。

お客様の声を集めました
よくあるご質問
よくあるご意見

お問い合わせはこちら

0120-14-0288
鎌倉で原状回復やアパート塗り替えの専門業者をお探しなら、【株式会社さくら塗装サービスセンター】までご相談を。
株式会社 さくら塗装サービスセンター

トップへ戻る

  • トップページ
  • 塗料について
  • 住宅全塗装の流れ
  • よくあるご質問
  • よくあるご意見
  • 会社概要
SAKURABOUYA.com 株式会社さくら塗装サービスセンターが提供しています
株式会社 
さくら塗装サービスセンター

   アパート塗り替え、原状回復のことなら当店へ。 <<本社所在地>>〒247-0061 神奈川県鎌倉市台 4-7-28
<<現場事務所>>〒244-0004 神奈川横浜市戸塚区小雀町 1350